ごあいさつ

víz PRiZMAにこめた想い

「とかく暗くなりがちな人生終盤に、明るい光をあて、彩を添えたい」と思いました。
だれもが最後に必ず行きつく旅立ち。年齢に関わらず、旅立ちを穏やかに意識して

覚悟をもつことが、限りある時間をより良く生きる秘訣だと考えました。

「伝統を大切にしながら、いまのライフスタイルに合った新しい “祈り”のかたちを見つけたい」と思いました。

気づけば、お墓を片付けてしまう「墓じまい」が増加。

田舎の先祖代々の墓にはめったに行けず、少子化で墓守もいない。

でも、大切な人をいつまでも想いたいという気持ちは変わりません。
víz PRiZMAでは、インターネット上に祈りの場を置くことで、時間と場所を超越。様々な課題を解きながら、

いまのライフスタイルに寄り添う“祈り”のかたちを提案しています。

「大切な人が生きた証を、自身が生きた証を、ずっと先の未来へ伝えたい」と思いました。
víz PRiZMAでは、生きた証をデジタルデータで遺し、ブロックチェーンで守って未来へ届けます。
数百年後、遠い未来の子孫が、あなたの存在を感じ、想いを知り、勇気づけられる日が来るかも知れません。
こうして、人は旅立ってなお、この世界を進化させる力となり続けるのです。

想いを込めて作品を創り、それを心の糧に、自身の限りある時間を精一杯生きる。
親しかった人々が、遺された作品を囲み、心の糧にする。
時を経て、遠い未来へ作品が届けられ、だれかの力になる。
víz PRiZMAの世界観を、どうぞお楽しみください。

víz PRiZMA株式会社 代表取締役 柿田京子

img_kakitapng.png

私たちについて

víz PRiZMAは、藝術ベンチャーeach toneの1st プロジェクトとして、2021年に生まれた、伝統的な祈りの文化を、最先端のテクノロジーを用いて現代のライフスタイルに取り込んだ、不易流行の「祈りのかたち」です。2022年に株式会社として本格始動しました。
each toneは、東京藝術大学DOORプロジェクト*で学んだ創業メンバーによるスタートアップです。「藝術の力を社会へ」を理念に、「すべてのいのちと 幸せを」を目指し、アーティストが作品を創るときに用いる発想や考え方で、社会課題に寄り添う事業を手がけています。

*DOORプロジェクト(Diversity on the Arts Project)

東京藝術大学が、日比野克彦先生のもと、「アート×福祉」をテーマに「多様な人々が共生できる社会」を支える人材を育成するプロジェクト。社会人と藝大生が一緒に学び、これまでに約300名の修了生を輩出しています。