【ブランドリリースに向けて 1】“限りある時間”を、より良く生きる

3月25日のブランドリリースに先駆け、1stプロジェクト「アーティストと創る、新しい“偲び”の形」について、今週から来週にかけ、全3回で語っていきたいと思います。きょうは、“限りある時間”について。


人生100年時代と言われるようになりました。昔は、ひと仕事して終わるはずだった人生が、もうひと仕事できるくらい残っている。そんな人生後半部分を、どのように生きていくのか? 健康、生きがい、仕事、お金、家族、地域、社会…。これまでの人生設計論とはひと味違った、新たな時間軸での生き方が、様々に議論される時代となるでしょう。


その一方で、私たちは、自分の人生がどこまで続くのか、実は全くわからないのです。もともと人間は、自分の死を意識しないようつくられている生き物だそうです。本当は、いつ終わるかわからない命だけれども、「自分は死なない、老いない、病気にならない」と感じる。そして時には、死という自然現象を忌み嫌い、覆い隠すように暮らします。それは、意思や意識の範疇ではなく、自然の摂理なのかも知れません。


「生を明らめ、死を明らむる」という言葉があります。「明らめる」とは、事実をあるがままに見て受け入れること。生きるとはどのようなことか、死とは何か、しっかりと意識して、いま何をすべきか考えることが大切だという教えです。死が特別なのではない。私たちは皆、“いつ死ぬかわからない生”を生きているのです。他人も、自身もまた、やがて尽きる“限りあるいのち”だと心の底から認めたとき、人はようやく、他人を受け入れ、己を活かせる出発点に立てるのではないでしょうか。


さて、あなたは、自身の“限りある時間”を感じていらっしゃいますか? 残りの時間で何をなさいますか? 


私たちの1stプロジェクトでは、終わりを見据えることで、やがて尽きるいのちを慈しみ、「“限りある時間”を、より良く生きる」ことに光をあてていこうと思っています。これまでの「終わり」の概念を超えて、私たちのプロジェクトが、あなたの人生に、もう一筋の光を届けることができればうれしいです。


3月25日のブランドリリース、どうぞご期待ください。柿田京子でした。

最新記事

すべて表示

「祈りをメタバースへ」のメッセージに呼応して、週刊朝日記者の佐賀旭さんが、víz PRiZMAの取材に来てくださいました。読者の皆さんに、話題の「メタバース」を知っていただき、親しみを感じていただこうという記事だそうです。 「メタバース」って何だ? 「年齢」「性別」から解放された別世界(1/3)〈週刊朝日〉 | AERA dot. (アエラドット) (asahi.com) ゲームの世界など、キラキ

昨年度、each tone合同会社の一事業として始まった「víz PRiZMA」は、本日2022年1月4日付で「viz PRiZMA株式会社」となりました。 「víz PRiZMA」- 水(víz)と光(prizma)の名をもつこのサービスは、「祈り」をテーマに、伝統を受け継ぎながら、テクノロジーの活用で時代に即した新しい偲びのかたちを追求しており、昨年は「会員制バーチャル墓地」として、メディアや

each toneの1stプロジェクト、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)がスタートしました。 本日はこの世界観を、改めてご紹介したいと思います。柿田京子がお送りします。 「víz PRiZMA」は、便宜上「バーチャル墓地」と紹介されていますが、単なる墓地ではありません。インターネット上にあり、スマホやPCでアクセスできる便利で経済的な墓地であることはもちろんですが、それをはるかに超え