【ブランドリリースに向けて 2】終わりは、いつもプレリュード

学生時代に所属していたオーケストラでは、年3回の定期演奏会がありました。ひとつの演奏会が終わり、多くのお客さまの熱気とたくさんの花束に囲まれて打ち上げ、深夜の部室に片づけに戻ると、そこには決まって、次の演奏会に向けて譜面をさらいはじめる熱心なメンバーらの姿がありました。終演の余韻にひたりつつ、新しい旋律の断片を耳にしながら、たとえどのように盛り上がろうとも、あるいは落ち込もうとも、時間は粛々と流れ、自分たちはその流れに運ばれていくこと。そして、終わった演奏会での学びは、もれなく次につながっていくことを感じていました。


生きることの終わりに何があるのか? いのちは、この世から消えてどこへ行くのか? いま生きている私たちは、だれもその答えを知りません。


古代より、死後の世界を描いた作品は数知れず、多くの人々が、この世を去ってからの幸福と安泰を願って努力を惜しまず、時には「不老不死」や「永遠のいのち」を求めたりもしました。生と死をめぐるテーマは、とめどもなく膨大で広範で深く、どんなに頑張っても語り尽くせないでしょう。


この、だれもが必ず経験するけれども、まだだれも経験していない事象。人間には「未知のものが怖い」という本能があるが故に、時には、いのちの終わりを忌み嫌ったり、覆い隠したりしたくなるのでしょう。わからないものは、わからない。でも、できることなら、未来に対して、たとえそれがいのちの終わりという未来であったとしても、そこに一筋の希望の光を、見出だしたいものです。


私たちの1stプロジェクトでは、いのちの終わりをだれもが迎える摂理として受け止め、旅立つ人にプレリュードを奏でたいと思います。安穏な旅立ちばかりではないでしょう。それでも、終わりにはいつも、輝きに満ちた次が内包されている。その原理原則を胸に、スポットライトのあたる階段を一歩一歩上っていくように、このだれもが通る道を、慈しみたいと思います。


3月25日のブランドリリース、どうぞご期待ください。柿田京子でした。

最新記事

すべて表示

「祈りをメタバースへ」のメッセージに呼応して、週刊朝日記者の佐賀旭さんが、víz PRiZMAの取材に来てくださいました。読者の皆さんに、話題の「メタバース」を知っていただき、親しみを感じていただこうという記事だそうです。 「メタバース」って何だ? 「年齢」「性別」から解放された別世界(1/3)〈週刊朝日〉 | AERA dot. (アエラドット) (asahi.com) ゲームの世界など、キラキ

昨年度、each tone合同会社の一事業として始まった「víz PRiZMA」は、本日2022年1月4日付で「viz PRiZMA株式会社」となりました。 「víz PRiZMA」- 水(víz)と光(prizma)の名をもつこのサービスは、「祈り」をテーマに、伝統を受け継ぎながら、テクノロジーの活用で時代に即した新しい偲びのかたちを追求しており、昨年は「会員制バーチャル墓地」として、メディアや

each toneの1stプロジェクト、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)がスタートしました。 本日はこの世界観を、改めてご紹介したいと思います。柿田京子がお送りします。 「víz PRiZMA」は、便宜上「バーチャル墓地」と紹介されていますが、単なる墓地ではありません。インターネット上にあり、スマホやPCでアクセスできる便利で経済的な墓地であることはもちろんですが、それをはるかに超え