【ブランドリリース】

each tone は、2021年夏、「アーティストと創る、新しい“偲び”のかたち」と題し、「バーチャル墓地」サービスを開始します。ゴールデンウィーク明けのサービス内容リリースに先立ち、本日は、ブランド名「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)、ブランドロゴ、およびブランドサイト(https://viz-prizma.com/)の公表です。


víz PRiZMA そして、いのちは”光”になる ロゴ

「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、従来のお墓や弔いの概念を残しつつも、利便性と経済性を備えた藝術的な「バーチャル墓地」。生きている人の“いま”に寄り添い、終末期の暗くなりがちなイメージを払拭し、遠い未来に貢献する各種サービスを併せて提供します。


サービス内容の詳細リリースは、ゴールデンウィーク明け。5月に予約受付開始、7月にサービス開始。


「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)は、ハンガリー語。「víz」(ヴィーズ)は生命を育む根源である「水」の意で、多くの宗教や地域で、この世とあの世を隔てるもの(川や海など)として登場します。「PRiZMA」(プリズマ)は、「プリズム」で、透明な光を、色どり鮮やかな可視光線に分光。本来は直進する光に角度をつけ、別の方向へ届けることができます。


死に着目するだけではなく、生きる時間にフォーカスし、人々が、それぞれ有する能力を最大限発揮して人生を謳歌できるよう、光の届かないところへ、プリズムのように光を届け、世界の一隅を照らすことができるようにとの願いを込めています。

最新記事

すべて表示

「祈りをメタバースへ」のメッセージに呼応して、週刊朝日記者の佐賀旭さんが、víz PRiZMAの取材に来てくださいました。読者の皆さんに、話題の「メタバース」を知っていただき、親しみを感じていただこうという記事だそうです。 「メタバース」って何だ? 「年齢」「性別」から解放された別世界(1/3)〈週刊朝日〉 | AERA dot. (アエラドット) (asahi.com) ゲームの世界など、キラキ

昨年度、each tone合同会社の一事業として始まった「víz PRiZMA」は、本日2022年1月4日付で「viz PRiZMA株式会社」となりました。 「víz PRiZMA」- 水(víz)と光(prizma)の名をもつこのサービスは、「祈り」をテーマに、伝統を受け継ぎながら、テクノロジーの活用で時代に即した新しい偲びのかたちを追求しており、昨年は「会員制バーチャル墓地」として、メディアや

each toneの1stプロジェクト、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)がスタートしました。 本日はこの世界観を、改めてご紹介したいと思います。柿田京子がお送りします。 「víz PRiZMA」は、便宜上「バーチャル墓地」と紹介されていますが、単なる墓地ではありません。インターネット上にあり、スマホやPCでアクセスできる便利で経済的な墓地であることはもちろんですが、それをはるかに超え