瞳の記憶を未来へ

藝大DOORプロジェクト発スタートアップ、虹彩データを用いた「バーチャル墓地」サービスを開始


東京藝術大学DOORプロジェクトの修了生で立ち上げたスタートアップeach tone合同会社(https://each-tone.com 本社:東京都豊島区 最高経営責任者:柿田京子)は、5月20日、「アーティストと創る、新しい”偲び”のかたち」と題し、虹彩データを用いた会員制バーチャル墓地サービス、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)(https://viz-prizma.com)を開始します。

「víz PRiZMA」の「バーチャル墓地」では、「虹彩」のデジタルデータをアルゴリズムによって解析・加工。会員はワークショップに参加し、アーティストと共に、身体全体を使って、自身の独自性・唯一性を象徴する藝術作品を創ります。声や動き、作品の色合いや描いた線の特徴なども収集し、バーチャル墓地の創造に活用します。伝統的なお墓や弔いの概念を継承しながらも、藝術性を前面に。インターネットを介して、スマートフォンやPCから時間や場所を気にせずアクセスできる利便性、さらには経済性も兼ね備えたバーチャル墓地となっています。

「víz PRiZMA」では、 限りある時間 をより良く生きるための、会員向け「コミュニティ」も併設します。生きる時間にフォーカスし、藝術領域を中心とした展示・セミナー・ワークショップなどを通じて、ひとりひとりが持てる力を最大限に発揮し、人生を謳歌するための 気づきやきっかけ、出会いの提供を目的とします。

会員の生きた証は、ブロックチェーンに守られ、遠い未来へ運ばれます。未来の子孫らは、大木の根元から、生い茂る木を見上げるような形で、自らに流れ込む生命のルーツと、そこに込められた想いを知ることができます。この「プラットフォーム」は、サービス開始時より実装されます。

「víz PRiZMA」のビジュアル・デザインは、東京藝術大学デザイン科出身の小島沙織と島田耕希(https://shimaads.com/)。ブロックチェーン技術の提供は、東京大学ブロックチェーン起業家支援プログラムやWeb3 FoundationのGrant採択を受け、クリエイター作品のn次流通を支える自社サービスを展開するArtree合同会社(https://artree.co.jp/)。先進的なアーティストと、最先端のテクノロジー、斬新なビジネスモデルのコラボレーションで、新たな偲びのかたちが幕を開けます。

最新記事

すべて表示

「祈りをメタバースへ」のメッセージに呼応して、週刊朝日記者の佐賀旭さんが、víz PRiZMAの取材に来てくださいました。読者の皆さんに、話題の「メタバース」を知っていただき、親しみを感じていただこうという記事だそうです。 「メタバース」って何だ? 「年齢」「性別」から解放された別世界(1/3)〈週刊朝日〉 | AERA dot. (アエラドット) (asahi.com) ゲームの世界など、キラキ

昨年度、each tone合同会社の一事業として始まった「víz PRiZMA」は、本日2022年1月4日付で「viz PRiZMA株式会社」となりました。 「víz PRiZMA」- 水(víz)と光(prizma)の名をもつこのサービスは、「祈り」をテーマに、伝統を受け継ぎながら、テクノロジーの活用で時代に即した新しい偲びのかたちを追求しており、昨年は「会員制バーチャル墓地」として、メディアや

each toneの1stプロジェクト、「víz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)がスタートしました。 本日はこの世界観を、改めてご紹介したいと思います。柿田京子がお送りします。 「víz PRiZMA」は、便宜上「バーチャル墓地」と紹介されていますが、単なる墓地ではありません。インターネット上にあり、スマホやPCでアクセスできる便利で経済的な墓地であることはもちろんですが、それをはるかに超え